商品カテゴリー
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら
店主のコーナー

川村 敏廣
いらっしゃいませ、トシノコーヒーオーナーロースターの川村 敏廣です。 カップを通して皆さんに幸せな時間をお届けできたら。 そんな想いでコーヒー豆の質、状態はもちろん、焙煎時の湿度・気温を考慮して、 最高の状態に仕上がるよう焙煎を行っています。 私が焙煎したこだわりの珈琲豆、是非一度お試しください。
店長日記はこちら

ルワンダ カンズCWS 200g

販売価格

1,814円(税134円)

購入数

原産国 ルワンダ 生産地域 ルワンダ西部 ニャマシェケ地区 生産者(農園) カンズ ウォッシングステーション 品種 ブルボン種 精製方法 Full Washed 乾燥方法 天日乾燥 標高 1800m〜1900m ★ウォッシングステーションご紹介 カンズウォッシングステーションは ルワンダ西部のニヤマシェケ地区にあるルワンダCongo Nile山脈に位置しております ルワンダの収穫は通常2-4月前後が多いですがカンズウォッシングステーションはかなり標高が高いので6月になることが多いです ★ルワンダプレミアムのカンズウォッシングステーションの精製プロセス .ンズウォッシングステーションに所属する周辺農家の人々は朝7-15時くらいまでの間に完熟した赤実をピッキングします 彼らは収穫したチェリーをウォッシングステーションに運びます 搬入後すぐ水により比重選別をおこないディスク型のパルパーでパルピングします 15時間のドライ醗酵工程(水なし)がおこなわれ その後パーチメントからムシラージュを取り除くために洗います。 それからさらに12時間のウェット醗酵工程(水につける)を行います と姐攅程をおえたあパーチメントは薄く広げられ、ディフェクトや違う色をしたパーチメントを取り除きます ズ埜紊縫▲侫螢ンベッドの上にひろげ、15-20日間水分値が12%に下がるまで乾燥させていきます。 カンズウォッシングステーションで使われておりますアフリカンベッドは特別仕様で通気性がよく工夫されておりスムーズな乾燥工程をすすめることができます。 ★カンズウォッシングステーションについての補足資料 周辺地域への環境を配慮し 水洗処理に使用された水はそのまま自然にながすのでなく微生物により処理してから自然に戻しています たい肥は10月と11月に毎年2回おこない土壌保全につとめています 土壌分析を5年ごとにおこなっています。

ログイン

カートを見る